知りたい!車検の価格とはどれぐらいなのか?

車種によって費用が変わる

初めて車検を迎えるという人なら、価格がどれくらいなのか知りたいはずです。何も知らずに、いきなりお店へ行くのは不安かもしれません。車検について知識がなくても、前もって費用さえ確認しておけば、初めてでも安心して申し込めるでしょう。
まず、車検で必ずかかる費用が法定費用と呼ばれているものです。内訳は自賠責保険、重量税、印紙代の三つとなっています。
車種によってそれぞれの費用に違いがあり、重量税には大きな差があるのも特徴です。エコカーなら、一回目の車検での重量税が減免されるメリットもあります。
次に必要となってくるのが点検費用です。お店によって内訳はさまざまで、法定費用と同じく車種によって費用が変わってきます。

整備が必要な場合は費用も高くなる

点検費用は車の状態によって、大きく変動するものです。部品が劣化していて交換が必要な場合などは、その分費用も高くなっていきます。点検して車に不備がなければ、点検費用は安く抑えることが可能です。
法定費用と点検費用を合わせた金額が、車検でかかる費用となっています。お店によって違いはありますが、軽自動車なら5万円から7万円、普通車なら8万円から10万円くらいが相場と言えるでしょう。
とにかく安く抑えたいという人なら、ユーザー車検を選ぶのもおすすめです。自分で運輸支局へ足を運ぶ必要はありますが、費用をかなり安く抑えることができます。車に必要な手続きもいろいろわかるので、車に興味があるという人にぴったりです。

© Copyright Stations Near You. All Rights Reserved.