なるほど!車検の方法とは?

自動車の車検は2種類!

車検は、略称であり正式名称は自動車検査登録制度といいます。自動車を持っていて、公道を走らせるためには、どうしても車検を受けなければなりません。車検によって、自動車が保安基準に適合しているかどうかを確認します。
3ナンバー5ナンバー車は、初回登録から3年で以後は2年おきに車検が必要です。軽自動車においては、4ナンバー車は、初回登録から2年で以後も2年で車検ですし、5ナンバー車は、初回登録から3年で以後は2年で車検になります。そんな車検ですが、車検は大きく分けて2種類になります。一つは、自動車メーカーの販売店などで車検を依頼するディラー車検といわれるもの、もう一つは運輸支局や自動車登録検査事務所(軽自動車の車検の場合は、軽自動車検査協会の検査場)に自動車を持ち込んで車検を受けるユーザー車検といわれる方法です。

車検の種類別メリットとデメリット

ユーザー車検は、車検場で車検を受ける日にちを予約して、自動車を検査場に持って行き必要書類を用意して、検査を受け、不適合箇所がなければ合格になります。これをユーザー自身が行います。自身で行うので、費用は安く上がります。ユーザー車検を受けるための手続きは面倒ではありますが、難しいものではありません。しかしながら、検査を受けられる日にちは、平日のみであり、これが理由でユーザー車検が一般的なものにならないものと考えられます。
他の車検は、ユーザーに代わって車検を行うもので、代表的なものは、ディラー車検です。ディラー車検は、自動車メーカーの販売店で車検を行うので、非常に信頼がおけるものですが、費用面は割高になります。他にも車検専門店で行うものや民間整備工場で行うものがあります。費用的にはディラー車検よりも割安感があります。時間と費用の両面でどの車検がいいか、車検自体を見直してみるといいでしょう。

© Copyright Stations Near You. All Rights Reserved.